未分類

腕立て伏せ拍手で負荷アップ

投稿日:

いろんな筋トレ方法が世の中には存在しますね。日々そのトレーニング方法も新しく開発されています。

そんな中でも筋トレの定番として腕立て伏せをやっている方は多いと思いますが、おすすめのカスタマイズについて紹介します。

定番の腕立て伏せ

腕立ては筋トレの定番だと思います。

その理由を考えてみると

  • 自宅でできる
  • 場所取らない
  • 男女ともにできる
  • 自重のみ(道具いらない)
  • やり方によって負荷無限大

といったところでしょうか。

コンパクトなので自宅でできるとことはもちろん、最後に挙げた「やり方によっては負荷無限大」ってのも定番であり、人気の理由のひとつかなと思います。

5回やることもできるし300回やることもできる。腕を広げることも狭めることもできる。片手にすることも片足にすることもできる…などです。

道具を使わずに、色んなパターンの筋トレができるってことですね。

腕立て伏せ中に拍手

そんな中でも、腕立て中に拍手をするというトレーニング方法はおもしろくておすすめです。

まずはイメージ動画から。

このように両手でジャンプした瞬間に、拍手を1回します。

たったこれだけのことですが、単なる腕立ての10倍位のエネルギーは使うように感じます。なおかつ、これをリズムよくやろうとすると、相当の負荷がかかってきていい感じです。

慣れてきたら、拍手を2回してみるというのもありでしょう。ただし相当難しいです。

または腹側で拍手1回、背中側で拍手1回という計2回の拍手ができたらものすごいことです。ユーチューブなどで動画があがってますが、これはかなり難しい。

まずは腹側で1回の拍手を連続5回できるように目指しましょう。

できたら、次は腕をいつもの1.5倍くらいの広さに広げてやってみるといいです。力が入らない&ジャンプの高さが出ない分難しいですが、たかが腕立てとは大きな筋トレ効果が期待できます。

まとめ

以上、腕立て伏せの拍手についてでした。

手軽にできるのでおすすめですが、無理はしないでくださいね。ジャンプ後に着手する際、指を捻挫する危険性などがあるので、最初はクッション性のあるやわらかいマットなどの上で試してみるといいと思います。

この他にも腕立てのカスタマイズなどはまだまだあると思いますので、またおすすめ方法がありましたら、紹介させていただきます。

私も今日は家帰ったら、久しぶりに拍手を5回チャレンジしてみます。できるかなー。

-未分類

Copyright© 500円!?マッスルエレメンツHMBの激安通販はココ! , 2018 AllRights Reserved.